ダイエットには「正しい食習慣」が必要です

美容や健康のために痩せようと考えている方は多いと思います。でも、だからといってやみくもに食事制限をしたり偏った食事をしていませんか?痩せられるからといって、健康を損ねたり食事の楽しみを失ってもいいのでしょうか?このサイトでは食事に関する正しい知識を食材や栄養の観点から身に付けることで、単に食事制限だけではない”正しい食習慣”を実践し、楽しく健康的な毎日を送れるような情報をまとめていこうと思っています。

トマトスープ

栄養価の高いトマトでスープダイエット ダイエットにスープを意識的にとる方も多いと思いますが、”一週間スープダイエット!”みたいに毎日スープを飲み続けるダイエット方法を行った場合にはどうしても飽きがきますよね。。。 それにこういった特定の…

もっと読む

Nero

トマトスープの主な食材

ポトフ

大きく切った野菜を肉屋ソーセージと一緒に煮込むこのスープは、フランスの家庭料理としてよく知られています。

野菜がたっぷり使ってありスープということでヘルシーな食事という印象はありますが、果たしてダイエットにも向いている料理なのでしょうか?

カロリーの面でみると、後ほど紹介しているレシピだと200kcalから400kccalを幅はありますが、1食分としては比較的カロリーは高くありませんね。

また、レシピによって幅がでるということは入れる食材次第でカロリーもコントロールできることがわかります。

 

キャベツやじゃがいも、玉ねぎ、人参など食物繊維が豊富に摂れますし、肉類でたんぱく質も。さらに、味付けにハーブやスパイスを使うことで塩分などもコントロールできます。

そして、料理においても一つの鍋でメインとスープを同時に作ることができる、と考えると調理の手間も減らせますね(^^)

 

タンドリーチキン

ダイエットを考えた食事では低カロリーや糖質を控え目にしたものが多いですが、そうすると味付けも淡白になり食べごたえがなかったりしますよね。。。そうすると、食に対して”ガマン”と戦わなければならなくて精神的な負担が増えてしまいます。

そういったことを考えると、カロリーなどを抑えながらもしっかりと食べごたえのある味付けのメニューは大変ありがたいものです。

このタンドリーチキンはスパイスやにんに、ヨーグルトで漬け込みますので塩や糖類などの調味料の使用料を抑えることができます。またヨーグルも無糖のものを使うとさらにその分の糖質もカットできます。

また調理方法としても焼く過程で油を落とし、また鶏皮も取り除けば余計な脂分を摂ることもありません。

このタンドリーチキンは一度漬け込んでおけば後は焼くだけ。たくさん仕込んでおいて食べるときにさっと調理するだけのなところもウレシイ一品です。

 

ゴーヤチャンプルー

沖縄の郷土料理の代名詞的なゴーヤチャンプルーですが、栄養価の高いゴーヤや豆腐がメインの食材なのでヘルシーな印象もありますが、一方で豚肉(やスパム)や油、また味付けもしっかり味な分ダイエットには不向きなんじゃないか?という印象もありますよね。

実際にカロリーで比較すると100gあたり130~150kcalとされているので、一般的な肉料理よりは低いカロリーですが、とはいえ特段ダイエット向きともいえないですね。

しかし豚肉や油、味付けを工夫すればその分カロリーを減らせますので、そうなるともともとゴーヤや豆腐などで栄養価が高いわけですから、一気にダイエットにも健康にも大変良い一品に買えることができそうです♪

塩麹豆腐

豆腐を塩麹につけるとまるでチーズのような味わいが出て和食にも洋食にもあう一品に仕上がります。

材料の豆腐も塩麹も言わずと知れたヘルシーな食材です。大豆を原料にした豆腐は植物性のたんぱく質が豊富で低カロリー。塩麹には酵素が含まれてダイエット効果が期待できます。

漬け込む期間で味の変化も楽しめますし、他の料理の材料としてアレンジレシピも広がりそうです♪

しらたきラーメン

しらたきはこんにゃくを麺状に細くした形の食材です。その形状からと”置き換え”したのがこのしらたきラーメンです。

麺がラーメンに比べてあっさりしていますので、スープに食べごたえを求めてしまいますが全体のエネルギーを考えて高カロリーにならないように気をつけましょう。

ミネストローネ

野菜たっぷり具だくさん!栄養満点のスープです!!

ダイエットにおいては「脂肪燃焼スープ」のひとつとして人気がありますが、イタリアの野菜スープであるミネストローネは昔から多くの人に親しまれているスープです。

入れる具材によってその構成は異なりますが、ビタミンやミネラル、食物繊維などたくさんの種類の栄養を摂ることことができます。中でもベースとなるトマトには抗酸化作用や血糖値を抑えてくれるリコピンやβ-カロテン(ビタミンA)が豊富に入っています。ダイエット中でも適量のベーコンであれば特に気にする必要はないのでしっかり食べごたえもあるスープです。

バナナスムージー

バナナと牛乳、または豆乳でスムージにして飲むことで、バランスの良い栄養の摂取はもちろんのこと、朝食などに置き換えればカロリーの摂取量を抑えてダイエット効果が期待できます。食材はいずれも一年を通して手に入りやすく、安価なものですので手軽に食すことができます。また、火を使わず簡単な調理ですので、材料を変えたり食材をプラスしたりすることで飽きのこないようなアレンジもしやすいですよね。

朝食との置き換えや酵素のちからを利用したダイエトなどに向いている食事だと思います

酵素の力でダイエット

食物に含まれる酵素には、食べた物の消化や吸収を高めたり、代謝や排出を活発にする働きがあります。この酵素を食事の中で積極的に摂取することでダイエットをする方法をいわゆる「酵素ダイエット」と呼びます。

酵素ダイエットについては、簡単に摂取できる酵素ジュースやサプリメントのようなかたちで多くの商品が販売されていますが、日頃の食事のなかでも十分に酵素を摂取することは可能です。ここでは、酵素を含む食材から効果的に酵素を摂取できるような料理を紹介しますので、日々の食生活の中で食事を楽しみながら酵素の力を借りてダイエットできるようにしていただきたいです。

 

酵素を多く含む食材

朝食や食前に摂取しやすいフルーツ

アボカド

老化防止に効果があり「若返りのビタミン」ともいわれるビタミンEを豊富に含みます。

置き換えダイエット

置き換えダイエットとは朝食や昼食、夕食などをカロリーが低めの食事に置き換え、それを継続的に続けることで摂取カロリーを減らしダイエットする方法です。置き換えるのは食事を一食をまるまる何かの食品や料理に置き換える場合もあれば、主食のご飯やパンなどをカロリーの低いものに置き換える場合もあります。

摂取するかローリーを減らしながらも食事の量を極端に制限する必要が無いため、精神的ハードルが低く続けやすい点と、短期間で効果が出やすいという点でよく実践されるダイエット法です。

とは言え、劇的な効果を求め極端な”置き換え”を行って栄養不足になったり、食習慣や運動習慣が不安定な人はもとに戻したときにリバウンドしやすかったりすることもあります。

基本的にダイエットは健康的な生活習慣(食生活や日頃の運動)の延長線上になければ、結果的にどこかにしわ寄せがきてしまいますので、食事対する正しい知識と正しい姿勢をもってダイエットしてくださいね♪

トマトのポテトサラダ

ポテトサラダにトマトを加えると以外にもよく合います♪ガッツリ混ぜたり、あえて角切りトマトをトッピングするだけにしてもよし。アレンジも色々できると思います。

トマトには抗酸化力の強い栄養が豊富です。赤い色素でポリフェノールの一種でああるリコピン、β‐カロテンにビタミンC、ビタミンEなどがそれにあたります。

ポテトサラダのじゃがいもにはビタミンC、カリウム、食物繊維、それに炭水化物も多く含まれています。ポテトサラダとしてのカロリーはおおよそご飯と同じくらいになりますが、トマトの酸味がある分、高カロリーなマヨネーズを少なく抑えてカロリーをコントロールすることもできるでしょう。