キャベツ

キャベツ

一年中食され料理のバリエーションも多いので食卓に登場することの多い野菜だと思います。最近ではキャベツダイエットとして食前にキャベツを食べるダイエット方法が注目されたことがありますが、胃腸の調子を整えるビタミンU(キャベジン)やビタミンC、ビタミンKなどが豊富に含まれることから以前から美容や健康に良いとされている食材です。トンカツの付け合せとして食べられるのも、胃腸の粘膜を修復する作用で消化を助ける働きをしますので、とても理にかなった組み合わせだと言えます。

1月
2月
3月
100
g
エネルギー 23.00 kcal
β‐カロテン 49.00 μg
ビタミンK 78.00 μg
葉酸 78.00 mg
ビタミンC 41.00 mg
カリウム(K) 200.00 mg
食物繊維 1.80 g

ポトフ

大きく切った野菜を肉屋ソーセージと一緒に煮込むこのスープは、フランスの家庭料理としてよく知られています。

野菜がたっぷり使ってありスープということでヘルシーな食事という印象はありますが、果たしてダイエットにも向いている料理なのでしょうか?

カロリーの面でみると、後ほど紹介しているレシピだと200kcalから400kccalを幅はありますが、1食分としては比較的カロリーは高くありませんね。

また、レシピによって幅がでるということは入れる食材次第でカロリーもコントロールできることがわかります。

 

キャベツやじゃがいも、玉ねぎ、人参など食物繊維が豊富に摂れますし、肉類でたんぱく質も。さらに、味付けにハーブやスパイスを使うことで塩分などもコントロールできます。

そして、料理においても一つの鍋でメインとスープを同時に作ることができる、と考えると調理の手間も減らせますね(^^)

 

ミネストローネ

野菜たっぷり具だくさん!栄養満点のスープです!!

ダイエットにおいては「脂肪燃焼スープ」のひとつとして人気がありますが、イタリアの野菜スープであるミネストローネは昔から多くの人に親しまれているスープです。

入れる具材によってその構成は異なりますが、ビタミンやミネラル、食物繊維などたくさんの種類の栄養を摂ることことができます。中でもベースとなるトマトには抗酸化作用や血糖値を抑えてくれるリコピンやβ-カロテン(ビタミンA)が豊富に入っています。ダイエット中でも適量のベーコンであれば特に気にする必要はないのでしっかり食べごたえもあるスープです。

キャベツのサラダ

キャベツは旬の時期にかかわらず一年中食べることのできる食材で、料理のバリエーションも非常に多いことから最もポピュラーな野菜の一つと言えるでしょう。特に生や軽く茹でたキャベツをサラダとして食すことは、キャベツのもつ豊富なビタミンを効率よく摂取でき、また食前によく咀嚼して食べることで食物繊維の効果で満腹感もますのでダイエットのみならず美容や健康にも良いメニューとして重宝します。