玉ねぎ

玉ねぎ

ポトフ

大きく切った野菜を肉屋ソーセージと一緒に煮込むこのスープは、フランスの家庭料理としてよく知られています。

野菜がたっぷり使ってありスープということでヘルシーな食事という印象はありますが、果たしてダイエットにも向いている料理なのでしょうか?

カロリーの面でみると、後ほど紹介しているレシピだと200kcalから400kccalを幅はありますが、1食分としては比較的カロリーは高くありませんね。

また、レシピによって幅がでるということは入れる食材次第でカロリーもコントロールできることがわかります。

 

キャベツやじゃがいも、玉ねぎ、人参など食物繊維が豊富に摂れますし、肉類でたんぱく質も。さらに、味付けにハーブやスパイスを使うことで塩分などもコントロールできます。

そして、料理においても一つの鍋でメインとスープを同時に作ることができる、と考えると調理の手間も減らせますね(^^)

 

ミネストローネ

野菜たっぷり具だくさん!栄養満点のスープです!!

ダイエットにおいては「脂肪燃焼スープ」のひとつとして人気がありますが、イタリアの野菜スープであるミネストローネは昔から多くの人に親しまれているスープです。

入れる具材によってその構成は異なりますが、ビタミンやミネラル、食物繊維などたくさんの種類の栄養を摂ることことができます。中でもベースとなるトマトには抗酸化作用や血糖値を抑えてくれるリコピンやβ-カロテン(ビタミンA)が豊富に入っています。ダイエット中でも適量のベーコンであれば特に気にする必要はないのでしっかり食べごたえもあるスープです。

トマトのポテトサラダ

ポテトサラダにトマトを加えると以外にもよく合います♪ガッツリ混ぜたり、あえて角切りトマトをトッピングするだけにしてもよし。アレンジも色々できると思います。

トマトには抗酸化力の強い栄養が豊富です。赤い色素でポリフェノールの一種でああるリコピン、β‐カロテンにビタミンC、ビタミンEなどがそれにあたります。

ポテトサラダのじゃがいもにはビタミンC、カリウム、食物繊維、それに炭水化物も多く含まれています。ポテトサラダとしてのカロリーはおおよそご飯と同じくらいになりますが、トマトの酸味がある分、高カロリーなマヨネーズを少なく抑えてカロリーをコントロールすることもできるでしょう。

ブイヤベース

世界三大スープに数えられることもあるブイヤベースです。具材が多くて賑やかなスープですので、栄養や健康の面だけではなく食卓を華やかにもしてくれます。

魚介類は比較的カロリーが低めですがしっかり満腹感を味わえます。入れる具材やハーブで味の変化やアクセントをつけやすい料理でもありますよね。