ビタミンA

ビタミンA

皮膚や目・粘膜などの健康にし感染症から守る。抗酸化作用でがんや老化の予防にも。

体内でビタミンAとして働く成分を総じてビタミンAといいます。その種類は50種類にもおよびますが、レチノールとカロテン類が代表的です。

レチノールは動物性の食品に含まれ利用効率が高い成分です(吸収率70-90%)。摂り過ぎると体内に蓄積し、特に妊娠初期だと胎児に影響(不足した場合も同様です)があるので注意が必要です。

カロテン類は植物性食品に含まれ、緑黄色野菜に主に含まれるβ‐カロテンは必要に応じて体内でレチノールに変換されビタミンAとしてとして機能します。

 

目の健康維持

ビタミンAは目の網膜において光や色を感じるたんぱく質ロドプシンの成分として重要であり、視覚反応を正常に保つ働きをします。

皮膚・粘膜を正常に保って免疫力UP

皮膚や粘膜の細胞の形成に必要であり、状態を正常に保つことで体全体の免疫力を高めます。

抗酸化力で抗がん作用・動脈硬化予防

β‐カロテンには抗酸化作用により活性酸素を除去するの能力があり、がんや老化の予防への働きが期待できます。また、悪玉コレステロールであるLDLコレステロールの酸化を防ぎ動脈硬化の予防効果もあるとされています。

 

動物性の食品(肉類や魚介類)に含まれるレチノールはどのような調理方法でも効率よく吸収されます。

一方、野菜などに含まれるカロテン類は吸収されにくいのですが、脂溶性の特徴を活かして油を使った調理(炒める、揚げる、ドレッシングをかける、など)をすることで吸収率を上げることができます。吸収効率が低くてもカロテン類には抗酸化作用などの働きもありますので、レチノール、カロテン類ともに偏ることなくバランスよく摂取することを心がけましょう。

ビタミンAを多く含む食品
<100gあたりμg>

鶏レバー 14000
豚レバー 13000