食物繊維

食物繊維

体にさまざまな健康効果をもたらす”第6の栄養素”

食物繊維は糖質と同じく炭水化物に分類されますが、その作用はエネルギー源として重要な役割を担う前者とはことなり、コレステロールの作用を低下させたり血糖値の抑制、大腸の機能を促進したりすることが主な働きとなります。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、水への溶けやすさの違いにより生理作用がことなります。

また、食物繊維はダイエットにおいて注目される栄養ではありますが、エネルギーが0というわけではなく、腸内細菌により分解ののち腸より吸収されエネルギー源としても作用します。

排便を促し腸内環境を整える。生活習慣病の予防にも。

二種類の食物繊維

不溶性食物繊維

穀物や豆類、野菜などに多く含まれます。
大腸で水分を吸収し便のカサを増し、そのことにより腸を刺激して蠕動運動を活発にし排便を促し、便秘の解消にも効果をもたらします。便が腸内にとどまる時間が短くなるので、体に有害な物質の生成を抑制したり滞在時間が短縮されるので、その結果発がんの抑制に効果があるとされています。

水溶性食物繊維

昆布やワカメなどの海藻類、果物、こんにゃくなどに多く含まれます。
水溶性の食物繊維は粘度が高く、いっしょに食した食物と混ざり合うことで小腸への進みをゆっくりにしデンプンなど糖質の消化を遅らせます。それにより血糖値の急激な上昇を抑えます。
また、腸管内で胆汁酸やコレステロールを吸着し排泄を促進します。そのことにより脂質の吸収を抑制しコレステロール値の上昇を押さえることができます。